HOME >> 北海道10区紹介 >>栗山町

北海道10区紹介

遠別町(えんべつちょう)

●人口 13,182人 世帯数 6,093世帯<平成24年8月末>
●主な産業:農業<ばれいしょ、小麦、たまねぎ>

海、山、川に恵まれた風光明媚なまち

町名の由来はアイヌ語の「ヤム・ニ・ウシ」で、「栗の木の繁茂しているところ」という意味です。栗山町は、日本昆虫学会により「国蝶」に定められているオオムラサキの日本の北東限地域となっています。滝下地区に生息するオオムラサキは、国内唯一の亜種として「クリヤマエンシス」という学名が命名されました。黄色の斑点の一部が三日月型なのが特徴です。
天然の樹木が茂る御大師(おだいし)山は、環境庁(現環境省)の「ふるさといきものの里」に選定されています。
御大師山に整備された「ファーブルの森」は、散策路を歩きながら自然観察が楽しめるほか、「ファーブルの森観察飼育舎」ではオオムラサキの生態に関する資料や、人工飼育による羽化の様子を見ることができます。
また、御大師山の裾野に広がる「栗山公園」は、SL広場や無料で入場できる「なかよし動物園」、キャンプ場、バーベキューコーナー、ハイキングコース、野球場、テニスコートなどが整備されています。5月上旬には約300本の桜並木が一斉に開花し、たくさんの観光客でにぎわいます。
「栗の樹ファーム」は、北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督が、名前が縁となって作った天然芝の野球スタジアム。映画「フィールド・オブ・ドリームス」の撮影が行われた球場を訪れたときの感動を原点に「同じような球場を作りたい」という思いを栗山町で実現させました。隣接するログハウスでは、イチロー選手をはじめ日米の名プレーヤーが使ったバットやユニホーム、サインボールなどの野球グッズが展示されています。
栗山町の特産品には、町内のみで販売されている限定品の「北の錦 くらまち(大吟醸)」、古くから道民に愛されている「谷田の日本一きびだんご」、町内の農家が苗から育て畑で完熟させたトマトを使った「完熟トマトジュース三姉味」などがあります。

栗山町役場 公式ホームページへリンク

○ファーブルの森

○栗山公園

○谷田の日本一きびだんご

天塩町 遠別町 羽幌町 羽幌町 初山別村 苫前町 小平町 沼田町 留萌市 深川市 秩父別町 北竜町 増毛町 妹背牛町 雨竜町 芦別市 赤平市 滝川市 歌志内市 砂川市 map16.html 上砂川町 奈井江町 浦臼町 美唄市 月形町 三笠市 夕張市 岩見沢市 栗山町 由仁町 長沼町 南幌町

イベント情報

  • 4月・くりやま老舗まつり
  • 7月・くりやま夏まつり
  • 8月・匠まつり
  • facebook
  • プロフィール
  • 稲津チャンネル
  • メルマガ登録