HOME >> 北海道10区紹介 >> 妹背牛町

北海道10区紹介

遠別町(えんべつちょう)

●人口 3,459人 世帯数 1,498世帯<平成24年8月末>
●主な産業:農業<米、花卉>、製造業<菓子>

海、山、川に恵まれた風光明媚なまち

北海道で3番目に小さなまち・妹背牛町。山のない平坦な土地には、石狩川、雨竜川、大鳳川が流れています。
町名はアイヌ語の「モセューセ」に由来し、「イラ草の茂るところ」という意味を持っています。当初は「望畝有志」と表記されましたが、1898年に現在の「妹背牛」に変更されました。

平坦な地形と肥沃な土壌を生かし、北海道でも有数の米どころとして知られています。春にはまぶしいほどの緑が広がり、秋には豊かな黄金色に染まる、その美しい田園風景は妹背牛町の象徴といえるでしょう。

家族連れにおすすめのスポットは、さまざまなスポーツを楽しめる「遊水公園うらら」。ウォータースライダーなどの水遊び場をはじめ、スリーオンスリーコート(バスケットボール)、遊具広場、バッテリーカーなどの施設が揃っています。パークゴルフ場やバーベキュー広場もあるので、アクティブな休日を過ごすのにぴったりです。
心地よい汗をかいたら、近くの「妹背牛温泉ペペル」へ。良質な純天然温泉が湧き出し、特に庭園を眺めながらの露天風呂は心も体も癒されると好評です。

妹背牛町はカーリングが盛んで、専用屋内施設「妹背牛町カーリングホール」があります。全日本選手権などが行われるほか、男女混合チームによる「ミックスカーリング大会」も開催されています。

妹背牛町の特産品には、妹背牛産大豆100パーセントの「大豆どん菓子」や、田んぼのあぜに植えたハーブ(アップルミント)を刈り取ったハーブ焼酎「葉舞な里から」などがあります。

妹背牛町役場 公式ホームページへリンク

○大豆どん菓子

○妹背牛町カーリングホール

○遊水公園うらら

天塩町 遠別町 羽幌町 羽幌町 初山別村 苫前町 小平町 沼田町 留萌市 深川市 秩父別町 北竜町 増毛町 妹背牛町 雨竜町 芦別市 赤平市 滝川市 歌志内市 砂川市 map16.html 上砂川町 奈井江町 浦臼町 美唄市 月形町 三笠市 夕張市 岩見沢市 栗山町 由仁町 長沼町 南幌町

イベント情報

  • 1月・ミックスカーリング大会
  • 8月・町民まつり「もせうし夏祭り」
  • facebook
  • プロフィール
  • 稲津チャンネル
  • メルマガ登録